大和ハウス工業=住宅ストック事業「リブネス」の社内浸透で、新築営業や住宅設計に変化

住宅ストック事業の統一ブランド住宅ストック事業の統一ブランド

大和ハウス工業(大阪市北区、芳井敬一社長)は4日、2018年1月に立ち上げた住宅ストック事業「リブネス」の現状を報告するメディア向けセミナーを開催した。

「売りたい」「買いたい」「貸したい」「リフォームしたい」「空き家の管理を依頼したい」――など、不動産に関するあらゆる相談に、グループ7社(大和ハウス工業、日本住宅流通、大和ハウスリフォーム、コスモスイニシア、大和ライフネクスト、大和リビングマネジメント、デザインアーク)が連携して、全国どこでもワンストップで対応するのが「リブネス」だ。

同取り組みが社内に浸透するにつれ、新築戸建ての営業マンから将来の売却を想定したトークも出るようになったという。リブネスに寄せられた相談内容は、新築請負の設計方針や商品開発にも反映する考えだ。

2019年09月12日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)