旭化成ホームズ、定額制サービス最適化基盤の実証開始=日立キャピタル、シャープと協働で | 住宅産業新聞

旭化成ホームズ、定額制サービス最適化基盤の実証開始=日立キャピタル、シャープと協働で

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)は3月23日、日立キャピタルとシャープと協働で、居住者に最適化された生活全般サービスを定額制(サブスクリプション)で提供するための住まいのIoT化について実証実験を開始したと発表した。

金融サービスを手掛ける日立キャピタルと住宅分野の旭化成ホームズ、家電のシャープの異業種3社が、スマートライフの実現に向けて連携し、ヒトとモノとサービスがつながるプラットフォームの構築を目指す。

2020年04月09日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)