旭化成ホームズグループ、2025年に売上1兆円へ=連携強めて新規事業創出

会見に臨む3社長会見に臨む3社長

旭化成ホームズ(東京都千代田区、川畑文俊社長)と旭化成リフォーム(同、鶴川和豊社長)、旭化成不動産レジデンス(同、兒玉芳樹社長)の3事業会社で構成する旭化成ホームズグループは5月31日、3社長による2021年度までの3ヵ年の新中期経営計画の説明会を開催した。

最終年度となる21年度の業績目標は、連結売上高7200億円(18年度実績比19・1%増)、営業利益720億円(同13・4%増)。さらに、25年の将来展望として売上高1兆円、営業利益1千億円の大台を狙う。新築請負事業は、消費者に選ばれる商品・サービスを追求し、縮小市場のなかでのシェアアップを目指すとした。

売上増の主な中身は、アメリカやオーストラリアなどの海外事業や中高層建築、介護、オフィスビルなど、18年度までに種をまいてきた新規事業の成長。このほか、住宅やリフォーム、不動産の各事業会社の間を埋める「すき間のビジネス」の立ち上げも計画した。

2019年06月06日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)