パナホームの新空調「エアロハス」を全「カサート」に拡大、受注拡大受けて目標300棟に引き上げ | 住宅産業新聞

パナホームの新空調「エアロハス」を全「カサート」に拡大、受注拡大受けて目標300棟に引き上げ

パナホームは、新たな全館換気・空調システム「エアロハス」の導入を鉄骨制震軸組「カサート」の全シリーズへ8月から拡大した。「エアロハス」は、4月に発売したフラッグシップモデル「カサート プレミアム」に導入。温度・湿度調整と空気清浄を両方同時に行うことが可能で、今年度目標の100棟のうち7月までに60棟を受注しており、想定を上回るペースとなったため、目標を300棟に引き上げた。また、「受注の25%が高齢者が同居する世帯」(関川俊一戸建住宅事業部事業部長)であるほか、健康に関心が高い顧客やペットのために留守でも空調が必要な顧客からの受注が多い。「エアロハス」の開発には、井上浩義慶大医学部教授との共同研究の成果が生かされており、同社は工場見学会で井上教授による空気環境と温度調節をテーマにした講演を行い、健康に関心がある層への訴求を強めている。

2017年08月10日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)