16年度受注実績・戸建て単価、すべてのメーカーで戸建て単価アップ

2016年度の大手ハウスメーカー受注金額(住宅関連)と戸建て単価・床面積の実績値が出揃った。

受注実績は、需要が堅調な賃貸住宅を取り込んだメーカーで好調だった一方、注文住宅の比率が高いメーカーで苦戦が目立った。

受注残についてもマイナスとなるメーカーがあるなど、違いがみられる。戸建て単価は、すべてのメーカーで上昇しており、各社が進めている高付加価値路線やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などによる設備の増加が単価アップに寄与している。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)

モバイルバージョンを終了