野村不動産、高級分譲が即完売=世田谷区成城学園、平均価格は2億円超

野村不動産(東京都新宿区、松尾大作社長)は3日、東京都世田谷区成城7丁目で開発した建売戸建住宅「プラウドシーズン成城コート」の第1期販売を1月に行い、売り出した5棟が即日完売したと発表した。

平均販売価格は同社史上初となる2億3千万円台の超高級価格帯だったが、最高倍率5倍という高い反響があった。同社は今回の販売で「ニーズの手応えを得た」として、今後も都内23区を中心に、2億円超の高額建売戸建住宅の展開を計画している。

同物件は、小田急電鉄小田原線「成城学園前」駅の北口を出て、メーンストリートのさくら並木通りを歩いて8分に立地。大きな戸建住宅が建ち並ぶ閑静なエリアだ。開発地の中央に伸びる私道を挟むように6区画を設定した。

道路側には1階部分が隠れるほどの高さの石壁を建ててプライバシーに配慮。このほか、生垣や石垣、電線地中化などで周囲の街並みとの調和を図った。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年02月15日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)