旭化成ホームズ川畑新社長、都市部での建て替えでシェアアップ

旭化成ホームズは3日、4月に新任した池田英輔取締役会長、川畑文俊代表取締役社長が会見を行った。川畑社長は、今後の住宅市場は少子高齢化・新築市場の縮小が指摘されているものの、住宅ストックの更新という観点から、「建て替えを進めていくことで、良質なストックを増やしていくこと。また、良質なストックの流通促進ということに関しても、創業当初から安心・安全な住宅の供給を目指してロングライフ住宅の実現という価値が今後、強まっていく」とし、建て替えを軸に都市部での戸建てシェアアップ、付加価値を付けた集合住宅(賃貸住宅)を供給する方針。併せて、マンション建て替えの加速やシニア向け住宅・中層建築物・海外の新規事業を積極的に展開

2017年04月06日付1面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)