ミサワ、寒冷地ZEH標準化商品、断熱性向上し屋根形状工夫で

ミサワホームは8日、北海道など寒冷地でZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)断熱基準を標準仕様でクリアし「Familink ZERO(ファミリンク ゼロ)」を発売した。北海道など省エネ基準地域区分の1地域、2地域はZEH基準を満たすために他地域よりも高い断熱性能が要求される。また、発電量確保のために多雪地帯では太陽光発電パネルへの除雪が必要になる。ただ、1、2地域でも東京都と同等の年間日照量が確保できる地域があることから、太陽光発電パネルを付ける屋根勾配を3分の2勾配にしてできるだけ雪が付かないようにするほか、最大9・1キロワットが搭載可能な大屋根設計などを標準採用した。また、子育て世帯向け「Familink」の設計コンセプトを踏襲している。同社では、年間販売目標を100棟を見込んでいる。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2016年10月13日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)