トヨタホーム、ZEHや新HEMS導入など戸建主力商品を刷新

トヨタホームは7日、戸建住宅の主力商品である鉄骨ラーメンユニット構造「SINCE Smart stage(シンセ・スマートステージ)」に最新HEMS(家庭用エネルギー管理システム)やZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)対応強化を行うなど、3年ぶりにモデルチェンジした。デンソーが開発した新型HEMS「HeMS」は、トヨタ自動車の「T―Connect」対応車載ナビと連携して、電子錠や空調などの遠隔操作が可能になる。また、一年中、建物内部の温度を保つ「スマート・エアーズ」を搭載するとともに、新型家庭用燃料電池「エネファーム typeS」にも対応した。年間販売目標は1650戸を見込んでいる。

2016年04月14日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)