トヨタホームが新型HEMSを4月から提案 | 住宅産業新聞

トヨタホームが新型HEMSを4月から提案

トヨタホームは、デンソーが開発した新型HEMS(家庭用エネルギー管理システム)を4月以降に発売する戸建住宅に採用する。

家と車の連携機能を追加したのが特徴で、車載ナビから玄関ドア電子錠の施錠や空調システム「スマート・エアーズ」の電源、給湯器のお湯張りなど遠隔操作することが可能。共働き世帯など顧客ニーズに基づいた機能を盛り込んだスタンダード仕様の「HeMS(ヘムス)」とエネルギー管理機能を強化した高機能仕様「HeMS Pro(ヘムスプロ)」の2つを提供する。価格はヘムスで8万400円、ヘムスプロで27万5600円(いずれも税抜き、工事費別)。

同社では、将来的に新型HEMSのリフォーム対応も検討している。

2016年03月31日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)