2月の受注金額速報、戸建て比較的堅調に

主要住宅企業の2月受注金額(速報値)がまとまった。それによると11社中7社がプラスで、このうち4社が二ケタ増だった。全体的には戸建住宅が比較的好調。一方、受注額がマイナスだった要因としては、年初からの株価下落で富裕層が慎重姿勢となり、高額物件の動きが鈍った結果、受注単価の低下があげられる。また、2月の住宅展示場の来場数動向も増減のバラツキがあるものの基調としては悪くなかった。日銀によるマイナス金利導入によるローン金利低下などで「興味を持つ人が増えた」(ミサワホーム)面もある。ただ、「消費増税の駆け込みはまだみられない」(積水ハウス)と、8%へのアップ時と異なる様相を呈している。一方、受注棟数・戸数ベースで公表している2社はいずれも二ケタ増だった。

2016年03月24日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)