積水ハウスや鳥取県など水素エネ実験で協定、スマートハウスへ電力供給

積水ハウスは25日、鳥取県、鳥取ガス、本田技研工業と「水素エネルギー実証(環境教育)拠点整備プロジェクト」協定を締結した。水素ステーションと住宅、燃料電池自動車(FCV)を一体整備する全国初の試み。鳥取県が各社の調整や整備費用の一部負担、積水ハウスがスマートハウスの設計整備などを行う。鳥取ガスグループの敷地(鳥取市五反田町)に、ホンダの「スマート水素ステーション」と太陽光パネルを設置し、太陽光で発電した電力で水素を作り、FCVに供給する。敷地内の積水ハウスの住宅展示場(いなばの四季展示場)をスマートハウス化し、FCVや燃料電池からスマートハウスへの電力供給を行う。環境教育の拠点「学習エリア」を設置し、水素エネルギー活用の理解促進を促す。

2016年01月28日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)