新規顧客開拓への「挑戦」、アマゾン定額リフォームに大手2社の参画 | 住宅産業新聞

新規顧客開拓への「挑戦」、アマゾン定額リフォームに大手2社の参画

積水ハウスグループと大和ハウスリフォームは、ネット通販大手のアマゾンによる定額パッケージ型小規模リフォームに進出した。積水ハウスグループの狙いは明確だ。リフォームはリピーターが多い。小規模リフォーム顧客との接点を広げ、将来の中・大規模リフォームへの橋頭堡(きょうとうほ)とすることで、「全体のリフォーム事業を拡大していこうと考えている」(阿部俊則積水ハウス社長兼COO)。建設業法の規制が及ばない小規模リフォームは、悪質リフォーム問題が横行し、一般ユーザーの不安が大きい。

大和ハウスリフォームの杉浦純一社長は「消極的になっているお客様に対し、価格やサービス内容に透明性を持たせ、簡単に商品やサービスを選べ、購入ができる利点がある」とアマゾンへの出店メリットを強調した。クローズド構法であるプレハブにおいては既存顧客に対するリフォームが中心だが、アマゾンという巨大なネット販売チャネルを前に、大手ハウスメーカーのリフォーム事業も新たな局面を迎えることになった。

2015年07月09日付1面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)