システムキッチン、カウンター上での差別化戦略始まる

LIXILのキッチン「サンヴァリエ・アレスタ」は、幅940ミリの業界最大クラスのシンクを搭載。ワイドなシンクと作業スペースや水切りスペースにもなる可動式のワイヤーパーツ(シンクサポート、オプション)を使うことで、調理と洗いものの作業効率を高めている。

ワイヤーパーツを使わないときは、重ねて収納できるため、シンクは広いまま。フライパンや大皿なども置けるほか、大人2人が並んで後片付けをしてもストレス無く作業ができる。

大きなシンク、立体的に活用

タカラスタンダードのホーローシステムキッチン「レミュー」には、シンクの高さを3段階で活用するユーティリティーシンクが搭載されている。幅880ミリ、奥行き420ミリの広いシンクは、まな板や水切りなどのプレートを、3段階の高さで上下、左右、中央など自由に設置できる。

例えば、魚をさばくときも水洗いしながら作業できる。シンクの底で行っていた米研ぎ作業は、シンクが深く、かがんでの作業になり腰に負担がかかってしまう。しかし、プレートを使えば、楽な姿勢で米研ぎができる。

クリナップのステンレスカウンターは、傷や汚れに強い加工を施した「美コートワークトップ」。傷が目立ちにくく、落ちにくい油汚れも、水で浮かせて簡単にとることができる。

2014年11月06日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)