積水ハウスのシャーメゾン「ベレオ・プラス」

高級マンション並みのクオリティ

積水ハウスのベレオ・プラスは、重量鉄骨によるオリジナル「βシステム構法」を採用した、4階建てが可能な複合型多目的マンション。梁勝ちラーメン構造の特性を生かし、自宅や賃貸住宅、店舗など多様な用途に対応できるフレキシブルさが特徴だ。高級感のあるエントランスや高遮音床、空気環境に配慮した「エアキス」仕様など、高級マンション並みのクオリティを確保した。

ベレオ・プラスで採用しているβシステム構法は、梁勝ちラーメン構造で住宅ながら高さ60メートルの高層ビルと同じ耐震基準の設計が可能。H形鋼の柱と梁をハイテンションボルトで接合するとともに、鉄筋コンクリート造の基礎が大地震発生時の安全を確保する。

通し柱が不要で各階の柱の位置が移動できるため、各階の間取りや窓位置の自由度が高く、最大8メートルの大スパン設計が行える。コーナーに必要な柱も動かせるので、開放的なコーナーサッシの設置も可能となっている。

最長1・75メートルのオーバーハング(下階より上階が張り出した構造)が可能。駐車スペースの上を居室にするなど、敷地の有効活用が図れる。主要な構造部材には、自動車にも使われるカチオン電着や樹脂塗装など2種の防錆処理を実施した。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)