省エネ意識が定着、遮熱建材で夏の省エネ | 住宅産業新聞 | Page 2

省エネ意識が定着、遮熱建材で夏の省エネ

日差しを上手く遮ることで、省エネ性の向上だけでなく、居住性や快適性も高めることができる。

窓まわりは、屋根や外壁などと比べて熱の通り道になりやすい。

夏場は熱の7割が窓から室内に侵入する。そのため、夏場は窓まわりの日射熱が室内に侵入するのを防ぐことで、室内を涼しく保つとともに、エアコンなどの冷房機器の消費電力を15~45%ほど抑えることができる。

日射遮蔽に効果のある建材は、Low―Eガラス(熱線反射ガラス)やカーテン、内付け・外付けブラインド、庇やシェード、オーニングなど、さまざまな種類がある。使用する建材や設置する場所によって日射遮蔽効果は異なる。

2014年06月19日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

特集はこちら

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)