13年度キッチン・浴室出荷統計、システムキッチン過去最高

システムキッチンのランク別の出荷量は、基準セット価格が75万円以上の高級品が5万9132セット(同4・7%増)、40万~75万円の中級品が42万9173セット(同10・5%増)、40万円未満の普及品が46万9498セット(同7・9%増)、その他・特注品が26万8971(同11・6%増)だった。ランク別の構成比は、高級品が4・8%、中級品が35・0%、普及品が38・3%、その他・特注品が21・9%。

システムキッチンのカウンタートップ材質別の出荷数量は、ステンレス・その他金属が45万9316セット(同8・3%増)、メラミン・ポストフォーム等が5693セット(同15・9%増)、人工大理石が76万1759セット(同10・1%増)だった。構成比は、人工大理石が62・1%で6割超。ステンレスは37・4%となった。

出荷時のシステムキッチンに搭載されたビルトイン機器の装着率は、食器洗い乾燥機が37・8%の46万3516台(同10・5%増)、浄水器(専用・複合水栓、水栓一体型を含む)は22・3%の27万2981台(同9・5%増)。

加熱調理機器の搭載率は、ガスこんろが46・8%の57万4488台(同11・0%増)、IHが32・4%の39万7294台(同4・4%増)となった。ガスこんろの優勢は変わらなかったものの、東日本大震災以降続いていたIHからガスへの切り替えは減速しており、「IHに対するネガティブなイメージは、ほぼ払拭されたのではないか」(同)とした。

2014年05月22日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
この記事にも注目
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)