来年度住宅税制の議論開始、「消費税の軽減措置必要」住団連・経団連が民主党へ要望

2012年度の住宅税制を巡る与党の議論がスタートした。

民主党国土交通部門会議は26日、住宅生産団体連合会や日本経済団体連合会などから税制改正に関する要望をヒアリングした。両団体とも住宅・土地に関する減税要望のほか、住宅消費税の見直しを求めた。特に消費税は、新築取得時に支払う税金額約140万円のうち100万円を占めるとの試算を示し、税率引き上げによる住宅市場への影響が大きいとして、軽減措置の必要性を訴えた。

2011年9月29日付け7面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)