NCNのSE構法、長期優良住宅比率70%=累計では1千棟越え

エヌ・シー・エヌ(本社=東京都港区、田鎖郁男社長)は12日、供給する全棟構造計算書付のSE構法を利用して建築された認定長期優良住宅が8月末、SE構法登録施工店450社の累計で1千棟を超え1084棟に達したと発表した。

SE構法登録施工店向けの「長期優良住宅支援室」のサポートが奏功。供給戸数に占める認定長期優良住宅比率は2010年約50%、2011年1~8月約70%で、会員の総供給戸数に占める同住宅比率を公表している木造住宅事業者の全国組織・(社)日本木造住宅産業協会の会員平均約34%(2010年度)や、地域工務店の全国組織(社)一般社団法人工務店サポートセンターの同約22%(10年暦年)を上回る高い率となっている。

2011年9月29日付け3面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧