環境省の賃貸住宅の省CO2促進補助、住戸ごとBELS取得が要件

環境省が今年度創設した「賃貸住宅における省CO2促進モデル事業」の公募が19日から始まった。市場への低炭素型賃貸住宅の供給促進を目的に、一定の環境性能を満たす賃貸住宅の新築・改修工事を補助する同制度は、住戸ごとにBELSの評価を取得することが要件になるなど、建物の低炭素化とともにその環境性能を表示し広く周知を図ることも行う。これまではオーナーに賃貸住宅を低炭素化することのメリットが帰属しづらかったことから、同事業の導入によって住宅の新築着工戸数の約4割を占める賃貸住宅の低炭素化を促進し、家庭部門での二酸化炭素排出量の大幅な抑制を狙う。

2016年04月28日付5面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)