トステム、次世代の主力窓を10月から順次開発 | 住宅産業新聞

トステム、次世代の主力窓を10月から順次開発

トステムは、ガラス面積を広げて断熱性能を高めた新しい窓「サーモス」を開発した。同商品を次世代スタンダードウィンドウと位置づけ、主力窓製品とする。10月から高断熱のLow―Eガラスを標準採用したアルミ樹脂複合窓「サーモスH」シリーズを東北エリアで先行発売。2011年春からは、アルミ構造の「サーモスS」シリーズを加えて、順次全国で発売する予定とした。

サーモスは、フレームとガラスの隙間に取り付ける専用のゴム材(グレイジングチャンネル)を開発・採用し、フレームと複層ガラスを一体化した窓として、強度・性能・品質を確保した。これにより、フレーム幅はこれまでの約半分(26ミリ)となり、ガラス面を広くすることで断熱性能を向上させるとともに、スリムなデザイン・高い眺望性を実現している。

サーモスHの断熱性能は、次世代省エネ基準Ⅰ・Ⅱ地域以南適合(H―5等級)。参考価格は8万1690円(幅1690ミリ×高さ1170ミリの単体引き違い窓、高断熱複層ガラス・税込み)。従来品と同価格帯でありながら、断熱性能を高めている。

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)