金銭的余裕に関係なく住宅ローン繰上返済希望が8割以上、東京スター銀行が調査 | 住宅産業新聞

金銭的余裕に関係なく住宅ローン繰上返済希望が8割以上、東京スター銀行が調査

東京スター銀行が20代から40代の住宅ローン保有者1487人を対象に行った「住宅ローンに関する意識調査」によると、42・6%が「繰上返済の経験がある」と回答。85・7%が「金銭的余裕の有無に関わらず繰上返済を望んでいる」と住宅ローン利用者の繰上返済に対する高いニーズを裏付ける結果となった。繰上返済を希望する理由として、「利息を減らしたい」が64・5%と最も多く、次いで「借金は早く返済した方がいいとなんとなく思う」が11・8%で2番目に多かった。

一方、繰上返済のデメリットがあるとの回答は35・9%で、このうち76・6%が「生活費の不足や急な出費に対応できなくなる」と答えており、手元の現金が減ることが最大のデメリットだとの回答が多かった。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)