パナソニックの「帯電微粒子水(ナノイー)」技術、新型コロナウイルスと変異株に抑制効果確認

パナソニック(大阪府門真市、楠見雄規社長)は11月1日、一般財団法人日本繊維製品品質技術センターと共同で「帯電微粒子水(ナノイー)」技術の新型コロナウイルスおよびその変異株4種(アルファ株、ベータ株、ガンマ株、デルタ株)に対する抑制効果を検証したところ、新型コロナウイルスおよびその変異株4種のすべてで、2時間の曝露で99%以上の抑制効果を確認したと発表した。

この結果を踏まえ「今後も『帯電微粒子水』技術の可能性を追求するとともに、さまざまな効果検証を進め、社会に貢献していく」とコメントしている。

2021年12月02日付4面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)