フロンヴィルホームズ名古屋が換気システムで特許取得

愛知県と岐阜県・三重県の一部で注文住宅を展開しているフロンヴィルホームズ名古屋(名古屋市名東区、黒川雄斗社長)は11月25日、今春から発売している低環境負荷住宅である「白レンガの家」が備える換気システム「レンガのそらどま」について、7月に特許を取得したことを発表した。

「白レンガの家」は、基礎に鉄筋を組みながらレンガを積み上げることで、2×4工法の住宅を鉄筋レンガ積み工法で囲う二重構造の家。「レンガのそらどま」は、エコハウス研究会の丸谷博男代表理事のもとで開発された環境配慮型換気システムであり、断熱性の高いレンガ積みだから実現できる外壁二重構造と太陽や地熱の恵みを組み合わせることで、時間や季節に応じて最適な場所から空気を取り入れて屋根裏(そら)と床下(どま)を通した空気を室内に循環させている。

2021年12月02日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)