せらら工房が「レンガの家」づくりに特化、高気密・高断熱で長持ちする住宅=コロナ禍の健康志向の高まりで資料請求が増加

近代ホームグループのせらら工房(横浜市港南区、佐藤宏亮社長)は、2005年から高気密・高断熱でメンテナンスの手間を省き長持ちする「レンガの家」の家づくりに特化。「コロナ禍にあって家で過ごす時間が増えたことで、健康で快適に住める家のニーズが高まってきた」ことを受け、毎月の資料請求件数が3~4倍に増加しているという。

さらに社員大工の育成にも注力しており、5年前から大工が建て方からレンガ工まで行う「ワークマン」(多能工)の輩出を行っている。

同社では標ぼうしている「100年健康住宅」を今後も推進することで、佐藤社長は「地元密着型企業を目指し、良質な住宅をつくることで商圏エリアの方々に恩返ししていきたい」と語っている。

2021年11月25日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)