パナソニックハウジングシステム事業部、再生木質ボード販売を事業化=アブラヤシの廃材利用、国内家具メーカーに製品供給

パナソニック(大阪府門真市、楠見雄規社長)ハウジングシステム事業部は15日、地球温暖化防止の取り組みとしてアブラヤシ廃材を活用した再生木質ボード技術を開発したと発表した。

当該技術を用いて製造した木質ボードは今年度、2023年度の本格的な事業化を控えた事業性調査として国内家具メーカー10社に販売、家具メーカーがベッドやデスクとして一般販売する予定だ。

再生木質ボードの主原料となるアブラヤシは果実がパーム油や食用油、洗剤の原料となるなど利用用途が広いため、アブラヤシはマレーシアやインドネシアなどの東南アジア諸国において商業作物として大規模に栽培されている。

しかし果実の収穫期間である25~30年を過ぎるとアブラヤシは伐採され、廃材となったまま農園内に放置される傾向にあり、放置後の腐敗によりメタンガスを含む温室効果ガスを発生させることが問題視されている。メタンガスの温室効果は二酸化炭素の約25倍とされる。

2021年11月25日付4面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)