不動産業業況等調査、経営状態が前回より悪化

一般財団法人土地総合研究所は20日、1月1日時点の不動産業業況等調査を公表した。

それによると、住宅・宅地分譲業の経営状況は、「良い」「やや良い」との回答から「悪い」「やや悪い」を引いて求めた指数で8・8ポイントと、プラスは維持したものの前回(2013年10月調査)から13・1ポイント低下した。

用地取得件数指数がマイナス18・2ポイント、モデルルーム来場者もマイナス28・1ポイント、成約件数指数もマイナス26・9ポイントと前回のプラスから二ケタのマイナスに落ち込んだ。また、在庫戸数が減少傾向、販売価格が上昇基調になる。回答した各社のコメントでは、「消費税引き上げ後の4月以降の見通しが不透明」(首都圏、首都圏以外)と先行き不透明感や「用地取得が困難」(首都圏)といった供給にマイナスの要因がみられる。

2014年2月27日付け5面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)