不動産協会の木村理事長、住宅消費税5%超「還付」を強調 | 住宅産業新聞

不動産協会の木村理事長、住宅消費税5%超「還付」を強調

木村惠司不動産協会理事長は理事会後の記者会見で、消費税率引き上げについて「一部で出ているローン減税や住民税減税の拡大では、住宅取得時の負担増をカバーしきれない」とけん制し、税率5%超分の還付の実現を求めていく方針を示した。また、将来の税率変動にも対応できるよう、(5%超の還付が)消費税制の枠内で位置づけられるよう求めた。その上で、税率アップ直前の駆け込み需要に対しては「年内が勝負」としつつも、混迷する政治情勢への懸念を表明した。

同理事長は「消費税法の改正案が6月に衆議院で可決された。これに先立つ3党合意で、住宅の取得について消費税率8%や10%への引き上げ時には十分な対策を行うことになっている。住宅の取得に対する配慮が力強く表現されていることは大変いいことである」と評価。ただ「具体的な負担軽減措置はこれから」との認識も示した。

2012年7月26日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)