住団連の住宅景況感調査、10―12月期総受注戸数指数マイナスに

一般社団法人住宅生産団体連合会は1月29日、1月度の「経営者の住宅景況感調査」報告を公表した。それによると、2015年度第3四半期(10―12月期)実績の景況判断指数は、総受注戸数がマイナス3ポイント、総受注金額で増減なしと、10月度の総受注戸数増減なし、総受注金額プラス7ポイントから悪化した。戸建注文住宅が前年同期比でプラスとなる中で「これまで堅調だった(低層)賃貸住宅がマイナスとなった」(小田広昭専務理事)ことが主な要因。戸建分譲住宅もマイナスに転じた。「戸建回復で全般的に上向き」との前向きな意見がある一方、「相続税増税前の駆け込みとなった前年に比してマイナスとなった」「前年比では増加傾向だが増税前には戻らない」など完全な復調とはなっていない。第4四半期(1―3月期)見通しは総受注戸数プラス43ポイント、総受注金額プラス39ポイントと強気の見通しとなっている。

2016年02月04日付2面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)