高齢期に住みたいのは持ち家、サ高住も1割弱=高齢社会白書

内閣府がこのほど公表した高齢社会白書によると、35歳から64歳までの男女を対象に行った『高齢期に向けた「備え」に関する意識調査』の結果、高齢期に住みたい居住形態は「持家(一戸建て)」が62・2%と最も多く、次いで「持家(集合住宅)」の13・0%となり7割以上が持ち家を希望している。

一方、近年、急速に戸数を伸ばしている「サービス付き高齢者向け住宅」は9・2%を占めており、「持家(集合住宅)」に次ぐ割合と高齢者の居住形態として支持を集めていることがうかがえる。また、高齢期に選ぶ際の条件として住み続けられることを約6割を占めているが、住居における支援・サービスの充実も3割を超えており、同白書では今後は持ち家以外の住居についても良質なものを選択できるための支援が重要だとした。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2014年06月26日付6面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)