荒川拓也・リビング保証社長=「延長保証」専業に活路、累計契約2万件、新たな事業化も計画 | 住宅産業新聞

荒川拓也・リビング保証社長=「延長保証」専業に活路、累計契約2万件、新たな事業化も計画

大手の家電量販店が導入し普及してきた「延長保証」サービス。手数料を払うことにより、製品の保証期間を延長する仕組みで、住宅業界にも広がりをみせてきたが、導入事例は今ひとつ。その中で、専業として順調に事業を拡大してきたのが日本リビング保証だ。

同社の荒川拓也社長は、大手損保とのタイアップによる安心感及び依頼窓口の一本化、24時間365日受付・緊急出動などを要因としてあげた。今後は「総合アフターサービス企業」を目指し、メニューの多様化にも取り組む方針とした。

同社の主力商品である新築向け『住設あんしんサポート』が、2010年1月の販売開始から2年間で、事業者登録を行った取扱店が1千社を超え、累計の契約件数も2万件を突破。荒川社長は「当初の予定より実績が積み上がっている」との認識を示した。

2012年3月8日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)