ミサワホーム竹中社長、新中計で「今後3年で収益多角化本腰」

ミサワホームの竹中宣雄社長は、今期スタートした新中期経営計画に関連して「今後3年間で、収益源の多角化に取り組む」方針を示した。

戸建住宅を軸とした、住宅循環システム『住まいるりんぐシステム』に、新たに資産活用事業を加え、事業領域を「住生活全般」に拡大させる。将来的な新築戸建住宅市場の縮小をにらみ、戸建住宅の事業規模は維持しつつ、ストック関連事業への積極的な投資を行い、ストック関連事業の売上高構成比を50%に近づける。

「これまでの注文住宅に依存したポートフォリオを変革し、新たなビジネスモデルを構築する」(同社長)との決意を示した。

2014年5月29日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)