積水化学のR&Dセンター、高機能フィルム技術をエネルギー分野に展開、PVやLi電池に | 住宅産業新聞

積水化学のR&Dセンター、高機能フィルム技術をエネルギー分野に展開、PVやLi電池に

積水化学工業は、高機能フィルム技術のエネルギー関連分野への展開を強める。

このほど同社R&Dセンターの成果として、世界トップレベルの容量と生産性を実現した、フィルム型のリチウムイオン電池を開発。さらに、独立行政法人産業技術総合研究所(産総研)と共同で、室温下でのフィルム型色素増感太陽電池の試作にも成功した。

いずれも、商品化へ向けて量産技術の確立に取り組む。さらに「多層化は当社の得意とする分野であり、今回の蓄電池と太陽電池の組み合わせも含め検討していきたい」(上ノ山智史取締役常務執行役員・R&Dセンター所長)としている。

2013年12月12日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)