飯田グループHD・6社間の過当競争抑止、注文拡大やストック事業、社長就任予定の西河氏が会見 | 住宅産業新聞

飯田グループHD・6社間の過当競争抑止、注文拡大やストック事業、社長就任予定の西河氏が会見

11月に発足する新会社・飯田グループホールディングスの社長に就任予定の西河洋一氏(現アーネストワン社長)は6月27日、共同持株会社設立に関する契約締結および経営計画策定に関連し会見場で説明を行った。

西河氏は共同持株会社設立の最大の目的を、新築住宅市場の縮小が予想される将来において、グループ会社6社の過当競争を抑止することにある――と発言。

統合によるコスト削減効果で主力の戸建分譲事業においてグループ外企業との競争力を向上させると共に第2の柱として一部の会社が育成中の注文事業の規模を拡大、新規事業としては中古住宅事業および海外展開に乗り出す意向を示した。西河氏の発言の概要を掲載する。

2013年7月4日付け6面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)