飯田グループ、一建設・東栄住宅など6社が持株会社下に経営統合

一建設・飯田産業・東栄住宅・タクトホーム・アーネストワン・アイディホームの6社は12月25日、6社による経営統合で基本合意に達し同日付で合意書を締結したと発表した。

経営統合して共同株式移転で持株会社を設立、統合当事会社6社は、その完全子会社となり傘下に入る。統合予定は2013年11月。6社は飯田一男氏が創業した旧飯田建設工業から派生したパワービルダーで、直近の6社合計の年間の新築戸建供給数は推計2万4~5千戸。統合により注文住宅事業会社および建売分譲事業会社を含め、国内最大の木軸住宅供給グループが誕生することとなる。

2013年1月1日付け9面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞は業界の幅広いニュースを掲載しています
定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

コメントを残す

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)