プレハブ建築協会、創立50周年で「行動憲章」を改定 | 住宅産業新聞

プレハブ建築協会、創立50周年で「行動憲章」を改定

(社)プレハブ建築協会は、創立50周年を前に『行動憲章』の改定を行った。

新たに、生活サービスなどのソフト分野への取り組みや人材育成強化を打ち出したほか、東日本大震災などの災害を受けて大規模災害への備えを追加。同協会の菊田利春専務理事は「憲章は40周年時に制定したもので、すでに10年が経過した」としており、コンプライアンスを含め時代の変化に応じた見直しとの認識を示した。

2013年1月24日付け1面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

コメントを残す

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)