プレハブ建築協会住宅部会、新5ヵ年計画を策定=住生活向上推進プラン25、目標掲げ方向示す

プレハブ建築協会住宅部会(後藤裕司部会長)は25日、2021年~25年までの5ヵ年の同部会の活動の方向性などを示した住生活向上推進プラン2025を公表した。

新プランでは、これまで別計画として策定していた環境行動計画「エコアクション」を一本化して、わかりやすい情報発信へと改めた。また、大規模災害対応ワーキンググループ(WG)を設置して、住宅部会での災害対応体制を強化する。

このほか、リフォーム人材育成やプレハブ建築の大工技能者育成、新しい住まい方やDX推進を図るため、会員各社の進ちょく状況の情報共有の実施などを盛り込んだ。

長期優良住宅認定の取得率などの成果管理指標の目標値は、業界平均を大きく上回るものも多く、「業界の先導役として積極的に取り組んでいきたい」(同部会)としている。

2021年10月28日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部
住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)