パナホーム藤井社長、戸建てなど3事業で「エコ&スマート」軸に | 住宅産業新聞

パナホーム藤井社長、戸建てなど3事業で「エコ&スマート」軸に

パナホームの藤井康照社長は、2012年度の事業方針として、『エコ&スマート』を軸に戸建住宅・資産活用・リフォームの3つの事業に取り組む姿勢を示した。

スマートハウス仕様『スマートパナホーム』を普及から中高級、都市型まで拡大し商品力を強める。分譲でも「スマートシティ」の展開に加え、一次取得者対応に主眼を置いた仕入れ強化を図っていく。同様に海外事業も強化する。これまでの台湾に加え、新たにマレーシア進出の検討もスタートさせる。

スマート・パナホームとは、パナソニック製のHEMS(家庭用エネルギー管理システム)である「創蓄連携システム」を設定した戸建住宅。『カサート・テラ』と『カサート・ファミオ』、都市型『ビューノ』の全商品で展開する。さらに、10月以降の下半期には制御系(ISEG)の搭載も予定するなど、商品力を強化する。

2012年5月3日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)