有料老人ホーム入居は男性より女性が前向き、オリックス・リビングが意識調査 | 住宅産業新聞

有料老人ホーム入居は男性より女性が前向き、オリックス・リビングが意識調査

有料老人ホーム・高齢者住宅を運営するオリックス・リビング(本社・東京都港区)は、11日の「介護の日」に合わせて全国 40歳代以上の男女に介護に関する意識調査を実施した。それによると、有料老人ホームへの入居希望は女性がトップで、男性は自宅で配偶者による介護がトップと差が出た。さらに、有料老人ホームへのイメージについて、男性は約4割が「必要なもの」とする一方、「さびしい」など後ろ向きなイメージを強く持つが、女性は「設備が整っている」「サービスの種類が豊富」など前向きなイメージを持っている。同社では、こうした男女イメージの差などが有料老人ホームへの入居希望の差の一因といえるとしている。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)