東電不動産、オール電化賃貸マンションで少人数世帯向けエコキュートを初採用 | 住宅産業新聞

東電不動産、オール電化賃貸マンションで少人数世帯向けエコキュートを初採用

東電不動産は、東京電力とデンソー、コロナの3社が今年1月に共同開発した少人数世帯向け家庭用自然冷媒給湯機「エコキュート・ライト」をオール電化賃貸マンション(名称=トレステージ東高円寺、住所=杉並区高円寺南1―3―13)で初めて採用した。建物は積水ハウスが設計・施工を手掛けた重量鉄骨造の地上3階建て賃貸住宅「BEREO(ベレオ)」で、15戸全部屋がオール電化仕様となっている。東電不動産が事業主となり、東京電力の所有地に建設した。オール電化にすることで、オーナーは環境貢献と安定経営の両立、入居者は快適性と光熱費の軽減という双方のメリットを追求した。同社は、今後も少人数世帯向け物件でのエコキュート・ライト普及に取り組むとした。

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

コメントを残す

こんな記事も読まれています

2019年度上期アクセスランキング

previous arrow
next arrow
Slider

住宅業界の話題(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

この記事にも注目

JavaScriptをOnにしてください
 

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:10MB)