三井ホーム、環境設計提案を注文住宅全棟に、蓄電池仕様やLCCMも

三井ホームは、環境設計提案を注文住宅(賃貸住宅を除く)全棟に拡大する。

同社の2×4工法住宅の高い基本性能をベースに、パッシブエコとアクティブエコ及び敷地への対応を組み合わせた、高い環境性能の打ち出しを強め「環境配慮」のイメージ付けを強化。注文建築の強みである個別提案も踏まえ受注強化につなげる。さらに「今後、蓄電池搭載住宅の商品化やLCCM(ライフ・サイクル・CO2・マイナス)住宅の実証実験も実施予定」(長谷裕専務)とするなど、主力の注文住宅について環境を軸にした商品へ改めて取り組む方針を示した。

2012年1月12日付け2面から記事の一部を抜粋
この記事の続きは本紙でご確認ください 【購読申込】

住宅業界の幅広いニュースをお届けします
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)