ポラスグループ、買取再販事業を本格化=自社・他社物件とも対象 | 住宅産業新聞

ポラスグループ、買取再販事業を本格化=自社・他社物件とも対象

ポラスグループ(中内晃次郎代表)は今期の事業方針として、既存住宅の買取再販事業を本格化させる。買い取りの対象物件は自社および他社が施工・販売した戸建ておよびマンションの区分所有部分(以下、マンションと略)で、買い取り後にリフォームを行い、商品の付加価値を高めて再販する。仲介に加えて、新たに買い取りの選択肢を既存物件の売主側に提示。不動産事業全体の活性化を狙う。

既存住宅買取再販事業の本格化は7日、2011年3月期決算説明会で中内代表が明らかにした。事業はグループの中央住宅(本社=埼玉県越谷市、品川典久社長)不動産仲介部門が行う。

2011年7月14日付け3面から記事の一部を抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)