三井ホーム、全国2番目の地域密着特養、2×4耐火建築のモデルに石こうボードで全体被覆 | 住宅産業新聞

三井ホーム、全国2番目の地域密着特養、2×4耐火建築のモデルに石こうボードで全体被覆

全国2例目となるツーバイフォー工法による地域密着型特別養護老人ホーム(介護福祉施設)『成田の里(仮称)』(宮城県黒川郡富谷町)の建設が、3月の竣工へ向け急ピッチで進む。社会福祉法人東松島福祉会(宮城県)を建築主に、三井ホームが施工を担当するもの。同社では、寒冷地における同工法による耐火建築物のモデルと位置づけ、今後の受注拡大につなげていく。

成田の里は、敷地面積1万5634・41平方メートル。耐火建築のツーバイフォー工法2階建ての施設で軒高6・765メートル、最高高さ10・771メートル、建築面積1385・35平方メートルとなった。外壁は厚み37ミリALC(軽量気泡コンクリート)板に15ミリ厚の窯業サイディングで構成。屋根材はガルバリウム鋼板を採用している。

2011年2月2日付け2面から抜粋

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)