作尾徹也ミサワホーム社長、既存5事業を骨太に=新築減少市場で付加価値高める

作尾徹也ミサワホーム社長は14日、住宅産業新聞のインタビューに応じ、今後の方向性について「新築請負・ストック・街づくり・海外・介護――の5つの事業を骨太にしていく」との考えを示した。

今年で55年目となる新築請負事業は、「人口・世帯数の減少で戸数減は避けられない」として、自前主義に囚われず、外部と連携・協業しながら顧客の要望にきめ細かに対応することで1棟あたりの付加価値を高めていくという。

また、「ミサワホームというコーポレートブランドの価値を維持し、高めるためにも、新商品や新技術などの『開発』の手は緩めてはならない」と作尾社長。同時に、パネル工場の生産性向上やウッドショック・半導体不足の経験から物流・調達網に加え新たな調達手段なども「開発」と表現。新型コロナウイルス感染再拡大やウクライナ危機、歴史的な円安など想定外が続く市場環境下で柔軟な思考で経営にあたる。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2022年07月26日付2面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)