GLホームが初のレジリエンス分譲地、茨城県で25区画を展開=統一感のある街並みつくる

LIXIL住宅研究所(東京都江東区、加嶋伸彦社長)のGLホームカンパニーと加盟店であるGLホーム神栖店(=藤代工務店、茨城県神栖市、人見憲明社長)は、両社による協働事業として神栖市内で開発中の分譲地『レジリエンスビレッジ ザ・パームテラス息栖』(全25区画)を29日から公開・販売する。

同分譲地はGLホームの特徴であるアメリカンデザインで統一した街並みのほか、レジリエンス機能があるもの。GLホームでは同分譲地をランドマーク的なものとし、街並みのアイコンとしての景観を生み出す邸宅づくりとしてアメリカンデザインとレジリエンス機能を有する戸建分譲事業を進めていく考えだ。

同分譲地は、千葉県成田市と茨城県神栖市を結ぶ幹線道路から東に入った閑静な住宅地に立地。開発面積は9314・54平方メートルに25区画を展開するもので、1区画の敷地面積は300・08~325・84平方メートル。そのうち3区画でモデルハウスを建築し、21区画は建築条件付きの分譲地となっている(1区画はイベント広場などに使用予定)。土地価格は599万7千円~786万8千円。

2022年04月05日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

記事をシェアする

あわせて読みたい

ほかの記事も読む

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)