トヨタホーム、雁行区画設計で街並みにリズム=分譲地に変化とゆとりを創出

トヨタホーム(名古屋市東区、後藤裕司社長)は13日、千葉県印西市で開発した全136区画の戸建分譲地「ザ・シェブロンノット」の販売を開始した。

同分譲地は、正方形や長方形を並べた画一的な街区設計ではなく、接道に対して10度ほど角度を付けた「やま形の幾何学図形(シェブロン)」型を採用。各区画の住宅も同様に、道路に対して斜めに建つ。

さらに、歩行者専用の遊歩道を両側から挟み込む袋小路の円形広場を「結び目(ノット)」に見立てた。

特徴的な雁行区割設計と歩車分離、電線地中化で街並みに変化とゆとりを創出した。

2021年07月29日付2面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
電子版で購読する

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

あわせて読みたい

住宅業界の話題(専門誌・メディアから)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)