アイダ設計「社員大工育成プロジェクト」、「一環大工」の育成を目指す | 住宅産業新聞

アイダ設計「社員大工育成プロジェクト」、「一環大工」の育成を目指す

アイダ設計(さいたま市大宮区、會田貞光社長)は、入社3年後をメドに基本的な工程を1人で管理できる若手大工の育成を目指すため、OJT制度を取り入れた「社員大工育成プロジェクト」を実施している。

これは同社の請負大工も含めた職人の高齢化や今後予想される大工人口の減少を踏まえたもの。2014年からスタートしたプロジェクトは当初、1人の親方に若手大工1~2人が師事して基礎を学ぶものだったが、今年から住宅施工の全体的な流れを学ぶためにも大工を希望する新卒社員には施工管理業務を経験させることで、建築から進行管理までを任せられる〝一環大工〟の育成を目指している。

同社では大工不足への貢献を目指すとともに、未来の親方を担う人材の育成はもちろん将来的なキャリアプランも支援していく考えだ。

2020年05月28日付3面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

あわせて読みたい

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)