三栄クラフターの少数育成による大工育成システム、育成の「見える化」が奏功

メルディアグループの三栄建築設計(東京都新宿区、小池信三社長)が「本物の大工」を育成するシステムとして子会社「三栄クラフター」(東京都杉並区、千葉理恵社長)を設立したのが2015年4月。今年4月には4期生として2人が入社したことで、現在9人が〝大工修行〟を行っている。自社での大工育成の背景には大工の高齢化や職人不足の深刻化といった問題があるが、「会社として若い大工を育成していくことで、そういった問題を解消していく」(千葉社長)と考えている。同社では、少数精鋭による段階を踏んだ育成をポイントとしており、「最終的には、戸建住宅を一人で施工できるように、さらには技術の幅を広げてリフォームや複雑なメンテナンスまでできる人材の育成」(三栄クラフターの育成員・高井孝典課長)を目指していく考えだ。

2018年06月07日付3面から抜粋

記事全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリができました!
デジタル版ならすぐ読める!

注目したいキーワード

こんな記事も読まれています

全国の話題から(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

最近の記事一覧

最近の特集企画

最近の連載

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズが大きいので、パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
 (ファイルサイズ:10MB)