ハイアス・アンド・カンパニー「大工アカデミー」、会社の中核を担う大工育成=子会社のアール・プラス・マテリアルが運営

ハイアス・アンド・カンパニー(東京都品川区、濵村聖一社長)は、今後直面する大工人口減少という課題解決や住宅の品質と生産性を高めるための養成機関として子会社のアール・プラス・マテリアル(大阪市西成区、古原克也社長)が運営する「大工アカデミー」を開校する。当初は4月に開校予定であったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響もあって開校が9月に延期された。

地域工務店にとって施工力は重要なテーマではあるが、多くの工務店が大工を外注に頼っている現状があると指摘。一方、大工育成のほとんどが徒弟制度によって成り立っているため技能育成に時間がかかるという課題があった。

同アカデミーでは座学・実技の両面をで体系的に教えていく考えであり、講師陣には大工出身の経営者が担当する。卒業後は現場の戦力として育成するのはもちろん将来的には会社の中核を担う大工への育成を目指していく。

この記事のキーワード

こんな記事も読まれています

2020年05月14日付3面から抜粋
全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください
毎週じっくり読みたい【定期購読のご案内
今スグ読みたい【電子版で購読する

あわせて読みたい

住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)