トレジャーデータ、2030年メドにオフグリッド型住宅を商品化=電気・上下水道・ガスのインフラ使わず自立 | 住宅産業新聞

トレジャーデータ、2030年メドにオフグリッド型住宅を商品化=電気・上下水道・ガスのインフラ使わず自立

英Arm社の日本法人トレジャーデータ(東京都千代田区、内海弦社長)は2030年をメドに、電気・上下水道・ガスなどのインフラに依存せず居住可能なオフグリッド型コネクテッド住宅「OUTPOST」の商品化を目指す。

15日に始まったCEATEC2019の会場でOUTPOSTプロジェクトとして発表した。

「宇宙ステーションのようなイメージ」(同社)のモジュール型ユニット住宅で、住宅設備を稼働させるエネルギーや生活に欠かせない水の入手・利用を自己完結させると同時に、室内と居住者の情報を管理しIoT端末を通じ快適な暮らし方を支援する。

2019年10月17日付1面から抜粋

全文をお読みになりたい方は新聞をご購読してください

定期購読のご案内
アプリ版で購読する
住宅産業新聞社からのお知らせ:弊社著作物の使用に関するお願い
2018年12月25日 住宅産業新聞社 編集部

注目したいキーワード

住宅業界の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
新型コロナウイルス関連の話題(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
住宅・不動産のニュース(外部サイト)
JavaScriptをOnにしてください
JavaScriptをOnにしてください

最近の特集企画

最近の連載

住宅産業新聞社からのお知らせ

見本紙をダウンロード

ホームページから見本紙がダウンロードできます。定期購読や広告出稿を検討している方は、こちらからご確認ください。

ファイルサイズを小さくするため、見本紙では画像を圧縮しています。パケット通信料金定額制プランに加入していない携帯電話やスマートフォンなどを利用している方はご注意ください。

見本紙をダウンロードする
(ファイルサイズ:25MB)